あんたは境界線を踏み越えようとしている

暴対課員
 女刑事クロハシリーズが、待望の電子書籍化。しかも、「プラバロック」、「エコイックメモリ」のみならず、新作である本書、「衛星を使い、私に」の三作同時とは。すぐに購入したものの、もったいなくてなかなか読めませんでしたが、、、やっぱり本シリーズは、新世代の警察小説のなかでは、ずばぬけて面白いです。 [...]

続きを読む

クロハ
エコイック・メモリ (結城充孝著)

君と我々の間には暴力が存在する。君が選んだことだ。我々の面子を潰した責任は軽くない。今度は我々から出向くだろう。

閃光社の老人
プラ・バロック (結城充孝著)

「携帯で本部通信司令部へ連絡っ」声を張って女性警官に指示を出し、クロハはアスファルトへ踏み出した。水飛沫。

Comming Soon ・・・