ボクは人間ではない"ヤン"なんだ

ヤン
最近、個人的には一番注目している作家、沢村凛さんの98年の作品ですが、今まで読んでいた作品にくらべるとわかりにくくて、ちょっととっつきにくいですが、やっぱり独特の面白さがあって、また好きになりました。 幼いころから夢見ていた鼻行類(という鼻で歩くとされる動物)「ダンボハナアルキ」を探しにやって[...]

続きを読む

ヤンのいた島
沢村凛
沢村凛
瞳の中の大河 (沢村凛著)

貧しい家の者が、いくら勉強しても、何の役にも立てられない世の中を変える方が先だ

シュナン
黄金の王 白銀の王 (沢村凛著)

殺せ、殺したい、殺すべきではない、殺したくない

Comming Soon ・・・