どうしようもなく泣きたくなったときには、星が代わりに泣いてくれるんだ。

ヴェニイ
哀しい、なんて哀しい小説を書くんだ。そして何故か生まれる罪悪感、すぐに忘れたいような、忘れたくないような、とにかく心に突き刺さる、そんな小説でした。 「狩り」という名のゴミ漁りで生計を立てているカンボジアのストリートチルドレン。その中に何故かいる日本人の少年ミサキは、仲間に囲まれているお陰で、[...]

続きを読む

リバーサイド・チルドレン
梓崎優
梓崎優
叫びと祈り (梓崎優著)

風が走る音は、誰かの悲痛な泣き声に似ている

Comming Soon ・・・
Comming Soon ・・・