伊坂幸太郎(のおすすめ)にはずれなし

 なんというか、ものすごく奥深いものを感じました。最初は単なるファンタジーSFで、先の展開がなんとなく読めそうで、ちょっとがっかりかなと思ってたのですが、後半に行くにつれて、次の展開がどうなるかまったくわからなくなり、最後にはじわじわと感動がやってくるみたいな感じでした。  また、同じ作者の「ハル[...]

続きを読む

ぼくが愛したゴウスト
打海文三
打海文三
ロビンソンの家 (打海文三著)

世界は解読されている。せめてそのことは認めようじゃないの。でも出口はどこにもない。

李花
兇眼―EVIL EYE (打海文三著)

人生が生きるに値するかどうか、結論を出すにはまだはやい

武井隆治
Comming Soon ・・・