Yrrの正体を知ったとき・・・・驚愕意外の言葉がでてこなかった。

はじめマイクル・クライントン、途中ダイハード、最後は、、、聖書?みたいな感じでした。 僕は、マイクル・クライトン大好きで、SF科学小説的なものでは、ダントツだと思ってましたが、かなり強力なライバルが出てきましたね。なんとも、喜ばしいことです。 兎に角、科学的な知識は半端ないのと、人間の描き方[...]

続きを読む

フランク・シェッツィング
沈黙への三日間 (フランク・シェッツィング著)

第ニ章は第一章よりも劣るのが常だ。シリーズものは死ぬほど退屈なのだ。

リアム・オコナー
Comming Soon ・・・
Comming Soon ・・・