boilerplate statement register の使い方

こちらのページでは、WordPress用定型文登録プラグイン「boilerplate statement register」の使い方について、詳細を説明します。

 

機能について

boilerplate statement register は、HTMLエディターにて、定型文を登録し利用することができるプラグインです。通常、QuickTagsの機能を使うと簡単に定型文や固定文字を、HTMLエディターに追加できるのですが、追加するためにはfunction.phpに毎回追加しなければなりませんし、多くなるとエディターも使いずらくなるので、あんまり便利じゃないと思って作ってみました。
以下、使った時のイメージです。



「定型文」ボタンから起動します。



メインウィンドウに登録している定型文一覧が表示されます。



定型文をクリックするとHTMLエディターに挿入されます。



削除したい場合はゴミ箱をクリックします。



新規追加する場合は、テキストボックスに記入してから追加ボタンをクリックします。



エディターで書いたものを登録したい場合は、文字列を選択状態にしてから定型文ボタンをクリックします。



プラグインの使用方法

  1. ダウンロードしたファイルを解凍します。
  2. できたboilerplate-statement-registerフォルダを、wp-content/plugins ディレクトリ以下に、すべて置きます。
  3. 管理画面から、boilerplate-statement-registerを有効化します。

 

動作確認

WordPress4.1.1で動作確認しています。

バージョン

1.0.0

  • リリースしました。

免責事項

本ソフトウェアを使用した事による、いかなる損害も作者は一切の責任を負いませんので、自己責任の上でご使用下さい

Boilerplate Statement Register

 

よくつかうHTML5のタグや、冒頭の挨拶文、最後の締めの言葉など、毎回毎回書くのがめんどくさいなぁみたいなものを登録して利用してもらえればと思います。
WordPressのAjax処理を利用して構築しているのですが、どうしても動きが遅いんですよね。しかも、このブログで使おうと思ったら、WordPressのバージョンが低くて使えなかったし(3.3以上でお願いします)。。。
ちなみに、Boilerplateという単語には「決まり文句」みたいな意味もあってですね、それでなまえにつけてみました。

コメントをどうぞ