//
Lesson Schedulerの使い方

こちらのページでは、WordPress用練習出欠管理プラグイン「LessonScheduler」の使い方について、詳細を説明します。

機能について

LessonSchedulerプラグインは、その名の通り、クラブや部活など、所属している団体の練習日程を作成できること、その日程に対して、ログインメンバーが出欠を登録できること、それらをショートコードで簡単に固定ページに表示できるのが特徴です。

以下は、使った時のイメージです。

 

練習日程登録画面

練習日程登録画面

練習日程を登録する際には、よく使う練習場所、練習時間を登録しておけば、選択するだけで登録できるので、日々の更新作業が楽に行えます。

練習場所、時間登録オプション画面

練習場所、時間登録オプション画面

登録した練習日程や、メンバーの出欠状況は、ショートコード[lesson scheduler]を組み込むことで、固定ページ等に表示することができます。

ショートコード登録

ショートコード登録

 

Twentytenでの表示サンプルはこんな感じです。

表示サンプル

表示サンプル

尚、日程、場所、時間のみ、ログインしていなくても参照できるので、外部の方に見てもらうこともできます。

バージョン1.1.0より、モバイル用画面を提供しました。設定画面で、「’used mobile phone mode」をチェックすると、モバイル用の表示になります。WPtouchなど利用している場合は、チェックしてみてください。以下のような画面が表示されます。

 

プラグインの使用方法

  1. ダウンロードしたファイルを解凍します。
  2. できたlesson-schedulerフォルダを、wp-content/plugins ディレクトリ以下に、すべて置きます。
  3. 管理画面から、lesson-schedulerを有効化します。

 

動作確認

WordPress3.1.4で動作確認しています。また、テーマはtwentytenで確認しています。
 

バージョン

 
1.1.0

  • モバイル用ページを用意しました。
  • 固定ページにて、出欠を更新した場合に、みんなの出欠状況に反映されないバグに対応しました。
  • 日程を10件以上登録した場合に、古い練習日のナビゲーションがでないバグに対応しました。

1.0.1

  • readme.txtを更新しました。
  • 公式ページにヘッダー画像を追加しました。

1.0.0

  • リリースしました。

免責事項

本ソフトウェアを使用した事による、いかなる損害も作者は一切の責任を負いませんので、自己責任の上でご使用下さい

lesson scheduler

 

もともとは、自分が管理している吹奏楽団体のページ用に作っていたのですが、せっかくなのでプラグイン化してみました。よければ使ってみてください~。

尚、バグ、要望などがありましたらフォームより連絡いただければ、可能な限りは対応させていただきますが、なにぶん夜中の作業がメインなので対応は遅くなります。

 

提供プラグイン

Google+

TWITTER by teru03

カテゴリー