ウィジェットとか、背景とか、アイキャッチのメニューがないんだけど

テーマを選ぼう! (やや慎重にね)

2011.10.21(金) WordPress, テーマ
このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログをはじめる際に、まず悩むのがテーマをどうするか?だと思います。無難に、TwentyTenとかでもいいんですが、使ってる人多いし(ヘッダー画像だけ変えたりしてもわかるよね)、やっぱり人とは違うもので、かつスタイリッシュで、3カラムで、アイキャッチつけて・・・と、考え出したら止まりません。ただでさえ、死ぬほどある中から、どうやって選ぶのか、、、、もう見た目しかないです、はい。

そう思って、見た目だけで選んだあげく苦労したこともあったので、テーマ選びについて考えてみました。


海外のテーマってかっこいい

先進的なテーマを選ぼうとすると、やはり海外のものになりがちですね。その際、サンプルとかみてほほぅ~と思って、使ってみると、なんか違和感が。そう、中身が日本語だと思ってたのと違ったりするんですね。

例えば、英語だとこんな感じなのが



日本語だとこんな感じに



英語は文字間隔があまりなかったりするので、日本語にすると間延びしたように感じたりしますね。フォントサイズとかで調整すればそれなりによくなったりする気はします。
あと、ソース中のコメントももちろん英語で、いざカスタマイズする際に苦労したりすることも多いですね。それでも、カッコよければ使いたくなりますが。
 

サンプルがかっこいい

かっこいいサンプルには、大抵カッコイイ写真が使われています(上のやつもそうですが)。写真をメインにしたり、かならずアイキャッチをいれているような方であれば、そのテーマを選んでもいいのですが、あまり写真を使わず、文字中心の場合は、写真が少なくてもカッコイイテーマを選ぶ必要がありますね。
 

ウィジェットがない!?

いろいろ悩んで選んだテーマですが、いざサイドバーにメニューを配置しようとしたが、いくら探してもウィジェットメニューがない。そんな経験ありませんか?というか、ボクがいきなりぶち当たったのがこれですね。ウィジェットも、背景も、ヘッダーもアイキャッチもコメントのネストもなにもないテーマを選んでしまいました。
WordPressは日々進化してますので、それに応じたテーマを使う必要があります。古いテーマを使うと、せっかくの新しい機能が使えませんので、自分が使いたい機能がそのテーマにあるのかどうか、確認する必要がありますが、確認するにはとりあえず使ってみるしかないですね。
 

そんな時は、やっぱりプログラミングだ!

古いバージョンのテーマなら、新しい機能に対応させればよいのです。というのも、テーマもPHPで書かれた立派なプログラムなんですね。なので、自分で使いたい機能を追加してやればいいのです。

例えば、サイドバーの場合は、以下の2段階で追加できます。
まずは、サイドバーウジェットを使うためのコードを、function.phpに追加します。ちなみに、function.phpがないテーマもありますが、そんな場合は、ファイルを作ってあげればOKです。

<?php
//サイドバー使用登録関数が存在するか?
if ( function_exists('register_sidebar') )
  //サイドバー使用登録
    register_sidebar();
?>

これでメニューは出てきますが、これだけだとウィジェットメニューで登録したサイドバーの機能がページに反映されません。
反映させるには、sidebar.phpなどに、ウィジェットで登録した機能を表示するための関数を追加します。

//サイドバーウィジェットで登録した機能を表示させる
<?php dynamic_sidebar()  ?>

これで、ページに反映されるはずです。ただし、これはサイドバーを1つのみ使用する場合です。複数使用する場合は、もう少し複雑なので、こちらを参考にしてください。

ということで、大体の機能は、使用登録と、ページへの反映の2本立てで使えるようになりますので、お試しあれ。

いろいろ書きましたが、結局のところカッコイイと思った無料テーマを、ひたすらダウンロードして、ひたすら有効化して、ひたすら確認をすれば、気に入ったテーマにいつかたどりつくと思いますので、気長にやりましょう。で、気に入らなかったら、変えればいいだけですから、はい。

コメントをどうぞ