陽の鳥

受精までは顕微鏡とマニピュレーターを使って行いますが、その先の出産は普通の妊娠となんら変わらないですから。子育ての楽しさも心配事も、セックスを経て生まれたお子さんと、まったく同じように味わうことになるんです。親子の情というのは、妊娠に至るまでの過程とは関係なく、まぎれもなく親子であるという事実と子育ての経験を通して培われていくものなんです。

沖田森彦
2012.02.05(日)樹林 伸
このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、家族の物語にはめっきり弱くなりました。このラストも家族をもつものであれば、涙をこらえるのがむずかしいでしょう。
霊長類クローンの研究者である沖田森彦は、事故死した自分の息子を、衝動のままにクローンでよみがえらそうとするが、その先にまちうけるのは、周りを巻き込んでしまったという自身の葛藤と、家族との軋轢。そして、それを引き金とした事件が発生し。。。
さまざまな葛藤を抱える森彦が、不妊治療にきた患者につい熱く語ってしまうこのセリフは、気持ちの揺れ動きが現れていて、この先の家族がどうなるのか、気にならずにはいられなくなります。

ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 (スティーグ・ラーソン著)

わたしが狂人だってこと、よく覚えておきなさい

リスべット・サランデル
狐火の家 (貴志祐介著)

とはいえ、この男を全面的に信頼することには、ためらいがあった。最近では、元泥棒が防犯コンサルタントを標榜している例は数多いが、榎本の場合は、もしかすると、まだ現役バリバリではないかという疑いがぬぐえないからだ。

青砥純子

コメントを残す