英雄の書

全ての物語は、等しく、紡ぐ者の罪業に他ならぬ。

2013.06.04(火)宮部みゆき
このエントリーをはてなブックマークに追加

久しぶりに宮部みゆきを読みましたが、相変わらず子供を書くのが好きですね。最近、自分に子供が出来たからか、素直にこういう作品を読めなくなってるかもしれませんが、それもあってかちょっと疲れましたね。なんとなく説明が多くて設定にいまいち乗り切れませんでした。

でもまあ、この世の全てが神という名の誰かが紡いだ物語みたいな設定は好きですけどね。泣くなはらちゃんみたいな。

ソロモンの偽証も中学校が舞台みたいで、、、まあいずれにしろ電子化か、文庫化を待つんだけどさ。

夏を喪くす (原田マハ著)

少年とはいい大人の男の別称である。

野中咲子
見晴らしのいい密室 (小林泰三著)

論理のアクロバットってのが、始めて理解出来た気がする。

コメントをどうぞ