探偵はバーにいる
ススキノ探偵シリーズ - 1

読めば読むほど大泉洋

2014.05.10(土)東直巳
このエントリーをはてなブックマークに追加

バーの名前のケラーって、あのケラーかな?とか、そういった遊びが散りばめられてて好きですね。物語はもちろん格好良くていいです。大泉洋がちらつくけど、悪くないですね。

音もなく少女は (ボストン・テラン著)

詩的表現が抑えられたボストン・テラン初心者向けの一冊

四畳半神話大系 (森見登美彦著)

4畳半は宇宙よりも広い・・・かも

コメントをどうぞ