始祖鳥記

祖父周吾の名を継ぎ、別家まで構えさせて頂き、その上に、もし妻子などを得てしまいますと、もはや己が己で亡くなるような、・・・・うすら寒い思いがするのでございます。

幸吉
2011.12.30(金)飯島和一
このエントリーをはてなブックマークに追加

大凧と塩の物語。これだけだととても面白い話になるとは思えませんが、それが読むとこころが熱くなるという。正直、途中まではあまり動きがないので、この後盛り上がるのかどうか不安でしたが、そんな場合ほと、後半の伸びはすごいと、経験上感じてたので、我慢して読み続けると、本当に盛り上がったので、よかったです。
主人公の幸吉は、岡山で腕のある表具師(「掛軸」「屏風」から「ふすま」「障子」など、紙に関する修復などの仕事)であったが、とある事件を起こす。その際、町目付の富田清兵衛に問われて答えたこのセリフ。この時は幸吉自身もなぜそうなのか気付いてなかったが、後になって、それを自覚するときに、さらなる事件が起きるわけですが・・・。

掏摸(スリ) (中村文則著)

犯罪に最も必要なのは、計画だ。計画のない犯罪をする奴は馬鹿だ

木崎
ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 (スティーグ・ラーソン著)

わたしが狂人だってこと、よく覚えておきなさい

リスべット・サランデル

コメントをどうぞ