ハーモニー

かくして、わたしは日常と言う砂漠に墜ちた。公共性とリソース意識からなる、茫洋とした広がりに。調和(ハーモニー)という蟻地獄に。

霧慧トァン
2012.09.09(日)伊藤計劃
このエントリーをはてなブックマークに追加

WatchMeというシステムにより、生府(ミスタイプではありません)が、ネットワークにより個人の健康を常に監視するようになった近未来。それは、人類が過去に引き起こした「大災禍(ザ・メイルストロウム)」により、世界中に核爆弾が投下され、世界中で癌患者が大量発生したことによる対抗措置であった。
そんな監視社会に対し、一人反旗を翻そうとする御冷ミァハ。ミァハはその天才的な頭脳により、WatchMeをだますソフトを開発し、拒食することで、世の中に抵抗するために自殺した。
それをまじかで見ていた霧慧トァンは、13年後に起きたとある事件に、ミァハの影をみる。はたして、事件にミァハは関係しているのか?そしてその不可思議な事件はなぜ起きたのか?
尚、本書はetmlの1.2で記載されているそうです。htmlではありません。おそらく、emotion text markup langugeの略だと思われますが、それがいったいなにかは、読めばわかるでしょう。いやはや、読みなれてない我々にはよみづらいこと。。。

流血のサファリ (デオン・マイヤー著)

何者かさ。なんだっていい。一石を投じたいんだ。不法行為をやめさせたいんだ。

マーティン・フィッツロイ・レマー
Gene Mapper (藤井太洋著)

ビジネスマンは未来でも大変らしい。

コメントを残す