ぼくが愛したゴウスト

伊坂幸太郎(のおすすめ)にはずれなし

2014.05.10(土)打海文三
このエントリーをはてなブックマークに追加

 なんというか、ものすごく奥深いものを感じました。最初は単なるファンタジーSFで、先の展開がなんとなく読めそうで、ちょっとがっかりかなと思ってたのですが、後半に行くにつれて、次の展開がどうなるかまったくわからなくなり、最後にはじわじわと感動がやってくるみたいな感じでした。
 また、同じ作者の「ハルビンカフェ」を読んだ時もすごいと思いましたが、同じ作者とは思えない作風、こんな作品もあるという驚きもありました。

 でも、このタイトルはなんとなく作品イメージとちがっているというか、帯に伊坂幸太郎の文字がなかったら、買ってなかったかもしれないですね。買ってよかった。

シャングリ・ラ (池上永一著)

そういやカーボンオフセットってどうなった?

追跡者たち (デオン・マイヤー著)

ジンバブエ最後のクロサイ2頭を救ってみたくはないか?

ディードリック・ブランド

コメントをどうぞ