「ややこしく見えるだけさ」デイヴィットは言った。「真相はいつだってすっきりとして単純なものだ」

デイヴィット・ネフ
読み終わった今でさえ、物語の80%くらいしか理解していないような気がする。複数の時代をまたぎ、登場人物が多く、似たような誘拐事件も複数あり、なんども読みかえしながら呼んだのは久しぶりですが、それほどまでに物語が複雑化した理由とは・・・ 犯罪ノンフィクションライターであるデイヴィット・ネフは、そ[...]

続きを読む

プリムローズレーンの男
ジェイムズ・レナー
SF
楽園 (宮部みゆき著)

わたしこそが、犯人をあの犯罪へと突き動かた衝動に魅せられて、彼らの後をついていった模倣犯でした。

前畑滋子
ぼくが愛したゴウスト (打海文三著)

伊坂幸太郎(のおすすめ)にはずれなし

シャングリ・ラ (池上永一著)

そういやカーボンオフセットってどうなった?