わたしこそが、犯人をあの犯罪へと突き動かた衝動に魅せられて、彼らの後をついていった模倣犯でした。

前畑滋子
 宮部みゆきの現代ミステリの最高峰は「理由」か「模倣犯」か。特に模倣犯は、文庫本5冊にわたる長編小説ながら、そのどこにも無駄な部分がないかの如く、むさぼり読んだ記憶があります。本小説は、その中で犯人を追いつめたルポライター前畑滋子のその後の物語ですが、まさかの方向性で、この作者の作風の広さに本当に驚[...]

続きを読む

SF
ぼくが愛したゴウスト (打海文三著)

伊坂幸太郎(のおすすめ)にはずれなし

シャングリ・ラ (池上永一著)

そういやカーボンオフセットってどうなった?

深海のYrr (フランク・シェッツィング著)

Yrrの正体を知ったとき・・・・驚愕意外の言葉がでてこなかった。