ボクは人間ではない"ヤン"なんだ

ヤン
最近、個人的には一番注目している作家、沢村凛さんの98年の作品ですが、今まで読んでいた作品にくらべるとわかりにくくて、ちょっととっつきにくいですが、やっぱり独特の面白さがあって、また好きになりました。 幼いころから夢見ていた鼻行類(という鼻で歩くとされる動物)「ダンボハナアルキ」を探しにやって[...]

続きを読む

ヤンのいた島
沢村凛
SF
パラドックス13 (東野圭吾著)

生きる意味をしるには、ただひたすら生を求めるしかない

久我誠哉
Voice Net (星新一著)

People will be here. They will exist, but they will rule over nothing.

Saito
プリムローズレーンの男 (ジェイムズ・レナー著)

「ややこしく見えるだけさ」デイヴィットは言った。「真相はいつだってすっきりとして単純なものだ」

デイヴィット・ネフ