祖父周吾の名を継ぎ、別家まで構えさせて頂き、その上に、もし妻子などを得てしまいますと、もはや己が己で亡くなるような、・・・・うすら寒い思いがするのでございます。

幸吉
大凧と塩の物語。これだけだととても面白い話になるとは思えませんが、それが読むとこころが熱くなるという。正直、途中まではあまり動きがないので、この後盛り上がるのかどうか不安でしたが、そんな場合ほと、後半の伸びはすごいと、経験上感じてたので、我慢して読み続けると、本当に盛り上がったので、よかったです。 [...]

続きを読む

始祖鳥記
飯島和一
歴史
Comming Soon ・・・
Comming Soon ・・・
Comming Soon ・・・