どうしようもなく泣きたくなったときには、星が代わりに泣いてくれるんだ。

ヴェニイ
哀しい、なんて哀しい小説を書くんだ。そして何故か生まれる罪悪感、すぐに忘れたいような、忘れたくないような、とにかく心に突き刺さる、そんな小説でした。 「狩り」という名のゴミ漁りで生計を立てているカンボジアのストリートチルドレン。その中に何故かいる日本人の少年ミサキは、仲間に囲まれているお陰で、[...]

続きを読む

リバーサイド・チルドレン
梓崎優
家族
パラドックス13 (東野圭吾著)

生きる意味をしるには、ただひたすら生を求めるしかない

久我誠哉
春から夏、やがて冬 (歌野晶午著)

月と日が入れ替わっているからといって意味などあるわけないのに、何か特別なものを感じてしまった。困っている君を見ていたら、あの子が困っているように思えてきて、とても放っておけなくなってしまった。

平田
国道沿いのファミレス (畑野智美著)

ユキ。元気だったか?

父親