おまたせしました。そしてもう、待たせません。二度と。

田中翼
「猟犬の國」では諜報活動を、「マージナル・オペレーション」では傭兵や戦争の世界を描いている作者がSFを⁈と、思って思わず手に取った本書ですが、やはり作者の色合いが濃くでている作品でした。 ニートでありながら、架空防衛大臣としての活動を行う田中翼。かれが守っているのが「空」それも拡張現実(AR)[...]

続きを読む

この空のまもり
芝村裕吏
ミステリ
盗まれた顔 (羽田圭介著)

「何人からメッセージを送られてきた中で、どうして俺に会おうと思ったんだ」「あなたには、顔がなかった」「ああいうところで顔を晒す男はダメでしょう」

白戸と千春の会話
虚構推理 (城平京著)

だから私は合理的な虚構で立ち向かいます。『鋼人七瀬は亡霊である』という現実よりも魅了的な『鋼人七瀬は虚構である』という物語をまとめサイトに直接挿入します

岩永琴子
ゼンカン 警視庁捜査一課・第一特殊班  (安東能明著)

二度目の滑り止めはねえぜ