「つまりさ、このくそつまんねえ世界を動かすのは」「なんだよ」「ドッキリさ」

マコトとキダの会話
青春小説かと思いきや、あまりにビターな展開に翻弄されながらもほんの少しだけ遠くに光が見えたような、そんな何とも切ない読後感を与えてくれた小説でした。 自分をドッキリストと称し、どんなときでもドッキリを仕掛けることを生きがいとするマコトと、警戒しているわりにそのドッキリに簡単にひっかかってしまう[...]

続きを読む

名も無き世界のエンドロール
行成 薫
青春
初恋ソムリエ (初野晴著)

筋金入りのアンチ吹奏楽部だ。下手に口をきくと火傷するぞ。

片桐部長
神の子 (薬丸岳著)

たった今から、おれは自分の幸せを求めることにした

町田博史
国道沿いのファミレス (畑野智美著)

ユキ。元気だったか?

父親