世界は解読されている。せめてそのことは認めようじゃないの。でも出口はどこにもない。

李花
あいかわらずのエロティシズム。そして、衝撃的な最後。打海文三の描く物語は、いつ読むかとか、それが少し前に刊行されたものだろうと、時代に関係なくおもしろく、ドキドキさせるものがあるのは、きっと文学だからなんだろうと思う。 母親を自殺で亡くしたリョウ。自殺とは言え、死体が発見されずどこかで母親の死[...]

続きを読む

ロビンソンの家
打海文三
家族
有頂天家族 (森見登美彦著)

タヌキ vs タヌキ の 壮大なる化かし合い

小説・震災後 (福井晴敏著)

まだ決めるのは早い。日本は現場力の国だ。

野田輝夫
Comming Soon ・・・